LGP − 手軽にゲームを作れる開発言語 LGP is the programming language which can develop
the game using DirectX easily.
BASIC Compilers For Windows (freeware)
> English Here <

since : 97/11/20


LGP4  2011.7.23 更新
Ver 01.05公開中


LGPとは?
LGPは簡単にゲームを作ることができるプログラミング環境です。
LGPは無料ですべての機能を利用できます。
  • 構造化BASIC言語を採用。癖がすくなく綺麗なソースコードを書きやすい(→SAMPLE)
  • オブジェクト指向を取り入れた関数群。でも難しいオブジェクト指向を理解する必要はない。
  • コンパイラなので作ったゲームは市販ゲーム並みに高速に動作します
  • ゲームを作るために必要な200以上の便利な関数を利用できます
  • DirectXを簡単に利用できます
  • 2D表示(回転/拡大縮小/半透明/画像の暗号化/色合い変更/ブラー)
  • 3D表示(アニメーション/半透明/アンチエイリアス/フォグ/トゥーン/シャドウ/被写界深度/レイ判定)
  • 音楽演奏(MP3、WAVE、MIDI等)
  • 各種入力(キーボード/マウス/ジョイスティック)
  • ゲーム向け通信機能(P2P、client/serverアプリ/ログオン管理/無通信管理/暗号)
  • 日本語(IME)処理
 

画像を表示する程度なら、たったの5行でOK

 ▼過去の記事はここから▼
 2011.7.23
LGP 4 Ver 01.05 を公開しました

 2011.7.9
LGP 4 Ver 01.04 を公開しました

 2011.4.29
LGP 4 Ver 01.03 を公開しました

 2011.4.26
LGP 4 Ver 01.02 を公開しました

 2011.4.20
LGP 4 Ver 01.01 を公開しました

 2011.4.10
LGP 4 Ver 01.00 を公開しました

 2010.11.23
LGP 4 Ver 00.83 を公開しました

 2010.10.17
LGP 4 Ver 00.82 を公開しました

 2010.9.26
LGP 4 Ver 00.81 を公開しました

<画像をクリックすると拡大します>
            
地面の高さを簡単に調べるので、凹凸のあるフィールドを地面の高さに合わせて歩かせることができる。 クライアント/サーバ型のアプリを開発することができる。もちろんPtoP型のゲームも開発できる。 画像を回転、拡大縮小で描画できる。 ワイヤーフレーム表示も簡単
関数一発でフォグ効果を与えられる。 トゥーンシェーディングも関数一発 透明に指定してみた ちょっと奥の箱に焦点を当ててみました。被写界深度です
SASAYAKI e-mail : lgp@jppass.com (リンクフリー)